ゲーミフィケーションといわず、ゲーム化と呼ぼう

昨年からアメリカを中心とし、少しずつ浸透しつつあるGamificationというコトバが、日本語でもゲーミフィケーションというそのままの発音で、徐々に市民権を得ようとしている。しかし、この中途半端なコトバを一般化することに僕は反対する。ゲーミフィケーションでなく、「ゲーム化」というコトバを当てることを提案する。以下はその理由である。

  1. Gamificationと「ゲーム化」の意味空間は一緒と考えて良い。英語と日本語の用語を統一しないと混乱が生じる、という原語を残す理由はここではあてはまらない
  2. ゲーミフィケーション、ゲーミファイという名詞と動詞のペアよりも、ゲーム化、ゲーム化するという組み合わせの方がこなれが良い。ゲーミファイする、というよりも、ゲーム化するという方が頭に入りやすい
  3. ゲーム化というコトバに、Gamificationの定義のニュアンスが込められている。これは、Game-ificationという構造と、ゲーム-化という構造の類似性からも伺える
  4. アルファベットで綴らない日本語の場合、ゲーミ+となった途端に、ゲームという元のコトバの意味するところが消えてなくなる
  5. ゲーミフィケーションは、発音しにくい

昨年からこのコトバに着目し、ゲーミフィケーション普及に尽力された方の苦労は理解しているつもりだ。概念がまだ固まりきっていない時期であれば、下手な訳語をあてるより、そのままにしておくべきだ、という事情もあっただろう。そして、新奇性のあるコトバの方が注目されやすいし、ニュースバリューを与えやすい、ということもわかる。しかし、だからといってこれ以上いたずらに日本語をもてあそび、消費者を混乱を生じさせる理由もない。今が、いい乗り換え時期なのだろうと思う。

因みに前のポストでは、ゲーミフィケーション、ゲーミファイするでなく、ゲーム化、ゲーム化するという表現を用いて訳している。

なお、このポストは、黒田悠介氏がぼそっとGoogle+でつぶやいていたことを見て、わが意を得た思いで書いた。

広告

大下文輔 について

Communication Strategist, Freelance
カテゴリー: Game+Marketing タグ: , , パーマリンク

ゲーミフィケーションといわず、ゲーム化と呼ぼう への3件のフィードバック

  1. Yusuke Kuroda より:

    名前を出していただきありがとうございます。
    自分も全体的に同意ですね。
    日本語としての表現を模索する段階で発見することもあると思いますし、
    安易に英語表現をそのまま使うことは思考停止とも思えます。

    マネタイズとか、収益化って言えばいいのに(笑)

  2. Koji Fukada より:

    gamification.jpを立ち上げる時にもここは相当悩んだのですが、結局「ゲーミフィケーション」という言葉を使うことにしました。当時の考えは「gamificationを「ゲーム化」とは訳したくない。」http://gamification.jp/speculation/2011/01/15/gamification%E3%82%92%E3%80%8C%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8C%96%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E8%A8%B3%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%82.html
    に書いてます・・・が今見るとあまりロジカルじゃないですね^^
    ただゲーム化という言葉には今でも違和感があります。「ゲーム化」で検索すると、コンシューマゲームを作った、という文脈で使われていることがほとんどですし、一般的にもそういう意味で使われてきていると思います。ゲーミフィケーションの説明をする際の典型的な誤解として「ゲームをサイト内に導入するってことですよね!?」てのがありますが、「ゲーム化」と翻訳するとその誤解が余計に生まれるように思ったので避けています。

    つまり記載されている5つのポイントでいうと1に違和感があって、ゲーミフィケーションという言葉とゲーム化という言葉の指し示す意味空間は一般的に異なっており、ゲーム化という訳語は誤解を(ゲーミフィケーションという言葉よりも)助長する、というのが意見です。

    ゲーミフィケーション、のカタカナ語がベストとは思っていませんが(ゲーム、というニュアンスがとても色濃いので)、ただ他にいい単語が思い浮かばなかったというのも正直な所。アイデアとしては「おもしろ化」なども出ましたがなんかピンとこなかったので、結局そのままでいこうと考えました。

    日本語を当てるとするなら、「ゲームの要素を入れるんだけど(コンシューマゲームやFlashゲームのような)ゲーム自体を作ったり入れ込んだりするわけではない」というようなニュアンスを入れるべきだと思っているのですが、なかなかそういうニュアンスを一単語で表現するのが難しい、というか僕には力不足で思い浮かびませんでした・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中