僕がレコメンデーションサービスを嫌うわけ

東大修士一年の福島君と友人二人がGunosyという新サービスを立ち上げたと知って、早速登録した。

一度だけ、このようなサービスを準備していると立ち話程度には聞いていたし、福島君のTweetなどもしばしば目にして、懸命に働いている様子もうかがえた。先日、別に会社を立ち上げようとしている学生から、起業をしたがる奴はたくさんいるけど、実際にそれをするのは20人に1人くらいだ、という話があったことを思い出す。このサービスが是非成功して欲しいな、と思う。

このサービスは、過去に自分がアクセスまたは発信した情報をテキストマイニングして、そこからキーワード抽出を行い、まだその人が読んでいないニュース記事を探して編集し、メールで送ってくるというサービス。編集とはいっても元記事のタイトルと冒頭部分を抽出したものではあるが、読者は底に貼られたリンクを辿って元記事を読む、というもの。

どんどん賢くなっていく、というのは、編集して送った記事の中からアクセスした記事のキーワードに重み付けをすることによって、マイニングを繰り返せば送り出す記事が読者の嗜好に、より適合するということなのだろう。

サインアップ後10分ほどで、最初のメールが送られてきた。テキストマイニングの精度はそこそこ高いのではないか、と思われる。自分のアクセスした情報との一致度の高い記事が並んでいる。

しかし、である。
そこに並んだ、テキストマイニングによって抽出された記事は、自分の好みを反映はしているが、 必ずしも読みたいと思う記事ではないのである。これは、今のレコメンデーション・エンジンの限界がそのまま反映されているようにも見える。

どういうことか。
たしかに、並んだ記事は、何かしら自分が見たサイトや記事と連関がある。それは、Gunosyさまのアルゴリズムによって抽出された、「私の姿」でもある。Gunosyは、自分を映し出す鏡だと言ってよい。しかし、その鏡に映し出された自分は、自分が見たい自分だとは限らないのだ。人は誰でも、あるべき自分を持っている。そしてその多くは、客観的なものとはかけ離れている。だから、鏡が映し出す自分がいくら正しい像を映していたとしても、それが自分だと思いたくないのである。だから、Gunosyの選んだ記事は、敢えて読みたい記事には見えない。

例えば、見るとはなしに見た記事にしばし引き込まれてしまい、しばらく時間を使ったとする。あ、無駄な時間を費やしてしまった、と思いつつも読むべきものに立ち戻り、無駄な経験は意識下に押し込んでしまうと言う経験は良くある。無駄だと思いつつ読んだのは、興味があったからに他ならないし、つまりは好んで読んだわけである。同時に、それは読むべきものでも有益でもない、と自覚している。しかし、Gunosyさまはそうした僕の心境をご存じない。そして、僕が「無駄なことをした」時間の痕跡に踏み込んで、それに関連する情報をかき集めてくる。

忘れたいことを無理矢理思い出させる、というのが今のレコメンデーションサービスの乗り越えられない限界なのである。野暮、軽薄、下品、粗野といった自分の側面は、個室で裃脱いで他人の目を気にせず、ディスプレイから来る情報の受け手としては、ともすれば強調される。無防備という点においては、本を探すときも、オンラインショッピングで品物を探すときも同様である。

鏡に映って欲しい自分は、自分のあるべき姿なのである。ドレスアップして、すまし顔で凛々しい己が姿を見たいわけである。だから、ショッピングなどで送られてくるレコメンデーションものは、ほとんど見ないし、購読も止めてしまうことがしばしばだ。

Gunosyが送ってくるまとめには、そうした望ましからざる自分の成分がまだまだ多いのである。そして、Gunosyを初めとするRecommendationサービスのエンジンを意識して行動を変えるつもりは毛頭ない。これは、Gunosyの賢さに期待するほかはい。

Gunosyが自分の本当に読みたい記事ばかりを選んでくれるようになれば、それはそれで、望ましく便利でありながら、薄気味悪さも感じられるかも知れない。いずれにしても、そうなることは期待していない。期待しないからこそ、Gunosyをしばらく使い続けてみようと思うのである。変化があるのか、このままか、変わったとすれば自分か、そしてGunosyか。

楽しき哉人生、楽しき哉ITサービス。頑張れGunosy。

広告

大下文輔 について

Communication Strategist, Freelance
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中